アンチエイジングに最適?マダムから支持を得ているプチ整形

少しだけ、でも決定的に可愛くなりたい

若くはないけど、まだまだきれいでいたい

いつまでもきれいでいたい! 昨今では男女共に見た目を気にするようになりました。 昔に比べて整形もポピュラーになり、世間も昔ほど悪いものとして扱わなくなりましたよね。 施術も様々、昔より気軽に行えるようになったプチ整形、どの年代にどんな整形が流行っているのか? 色々調べてみました!

みんなどこを整形してるの?

そもそもプチ整形の「プチ」って何!?と思っている方も多いでしょう。
プチ整形の由来は、顔にメスを入れないことだそうです。
注射である成分を注入したり、二重整形で有名な糸による埋没法などのことです。
大々的な手術を行わないことにより費用が安くなり、身体に負担もかけにくいのです。
その代わり思っていたより顔が変わらないなどの声を聞こえますので施術する際は医師としっかり相談して納得してから行いましょう。

昔に比べて手は出しやすくなったけど、どこを整形すればいいんだろう?
そう悩んでいる方は、なりたい顔がある場合にその写真を直接持って医師に相談すると話が早いです。
そこで気になるのがプチ整形に人気の箇所。
最近の10代、20代に人気のプチ整形は、目、鼻、脂肪吸引など、やはり根本を変えたいという願望が見えます。
対してマダム達はどこをプチ整形する人が多いのでしょう。
調べてみると、肌のハリを取り戻すアンチエイジング、レーザーによるシミの除去、くぼんできた目を再び印象的に戻すためのプチ整形がマダム達に人気のようです。
10代、20代と違うのは、根本的に何かを変えたいという願望では無く、今の方向性のまま若さをプラスしたいというものです。
今の自分に不満があるから元々あるものを変えたい、では無く今の自分のままでもっときれいになりたいという前向きでパワフルな希望が見えます。
平均寿命も延びている今、どうせ長生きするなら自分が好きになれる姿で過ごしたいですよね。

整形ってどれくらいでできるもの?

整形後は内出血や腫れが引くまで施術部分を休ませなければなりません。 その期間をダウンタイムといい、整形とプチ整形では大きく期間が異なります。 自分が受けるプチ整形にはどのくらいのダウンタイムが必要なのかをあらかじめ調べ、職場や家族と折り合いをつけて施術を受けましょう。

プチ整形はいくらでできる?

一番気になるのがお値段です。 なるべく手ごろに抑えたいところですが、あまりにも安価だと施術に問題があって後遺症が残ったり…。 だからと言って高価であればあるほど良いというものでもありません。 相場を知って口コミを頼りに妥協をしないクリニック選びをしましょう!

TOPへ戻る